しみぬき

布地のしみぬき・汚れ落としには、繊維の種類、しみの種類、状況を的確に把握することが重要です。

以下に、よくお問い合わせを頂く、しみの種類と対処方法を記しましたので、ご確認の上、ご依頼頂けますと幸いです。

水溶性のしみ落とし

水溶性のシミの代表例
  • ビール
  • コーヒー
  • お茶 等
対処方法

シミが広がらないように、シミの付いた衣類の裏側に木綿の布を敷きます。シミより大きめに歯ブラシに水を含ませ、叩くように下の布に移していきます。落ちきれれば、水ギワは霧吹きをしてスプレーしておきます。擦り付けるとシミが落ちにくくなりますので、注意が必要です。乾いたタオルで押さえて湿気を取り自然乾燥させます。完全に乾いたら、あて布をしてアイロンがけをします。日がたったものほど、落ちにくくなります。

水溶性のシミ落としの実例
シミ落とし(お茶こぼしあと)
シミ落とし(白衣類の首元に残った汗)

タンパク質系のしみ落とし

タンパク質のシミの代表例
  • 牛乳
  • アイスクリーム
  • 魚の煮汁
  • 動物のフン 等
対処方法

水溶性のシミ落としの方法と同様に、中性洗剤を少し加えて試します。
シミが広がらないように、シミの付いた衣類の裏側に木綿の布を敷きます。シミより大きめに歯ブラシに「水+中性洗剤」を含ませ、叩くように下の布に移していきます。落ちきれれば、水ギワは霧吹きをしてスプレーしておきます。擦り付けるとシミが落ちにくくなりますので、注意が必要です。乾いたタオルで押さえて湿気を取り自然乾燥させます。完全に乾いたら、あて布をしてアイロンがけをします。

シミ落としの実例
シミ落とし(血痕)
シミ落とし(鳥のフン)

油性のしみ落とし

油性のシミの種類
  • 襟のアカ
  • 機械油
  • 天ぷら油
  • 口紅
  • 鉄さび
  • マジックインキ
  • ボールペン
  • ペンキ 等
対処方法

油性のシミ落としの基本は、ベンジンで拭くことです。タオルにベンジンを含ませてシミより大きく拭き取ります。ベンジンはこすっても差し支えありません。ただし、湿気があっては、効果が出にくいため注意が必要です。きわづきが出来ないように大きくぼかします。

シミ落としの実例
シミ落とし(ペンキ)
シミ落とし(口紅)

しみ落としで、大切なこと

どのようなシミもいずれは経時変化をしていきます。タンパク質系のシミは固着が強くなり、繊維の中に付着します。具体的には、醤油や果実などがタンニン化して濃度が深くなり、変色して取りにくくなります。だからこそ、衣料品のトラブルの際は、一刻も早く正しい処置をすることが必要なのです。
また、シミの箇所はカビの温床にもなり、色素をも変色させます。白カビであれば、水洗いで取れますが、色素を生じたら、なかなか落とすことは難しくなります。
白物の場合、キッチンハイター(塩素系漂白剤)でシミ落としをされる方が多くいらっしゃりますが、使用できる素材は、綿・麻・合繊などに限ります。また、塩素が衣類に残っていると黄変・劣化の原因になります。シルク・ウールなどには、キッチンハイター(塩素系漂白剤)は、絶対に使ってはいけません。