そめかえ

衣料品トラブルが発生し、お直しの基本は、”しみぬき” or “染色補正” ですが、トラブル後長い時間が経過した商品や修正困難な商品の場合、”京黒色・墨色・藍色”などへ “そめかえ” を提案させていただくことがございます。

そめかえの歴史は古く、衣料品を自給自足していた時代から、褪せた色を身近な天然染料で染め替えるということが、ほんの数百年前まで、ごくごく当たり前に根ざしていた『もったいない』文化でもあります。

そめかえ@京黒染

京黒染とは、

京都では、太古から「黒より黒い黒」として黒染めが非常に有名でありました。

代々着物をつくり続けてきた伝統から生み出された「黒より黒い黒」染めは、伝統を引き継ぎながらも、お洋服を新たに蘇せます。

京黒染の詳細は、京黒染のページを御覧ください。(新しいウィンドウでページが開きます。)

対応可能素材

綿・ウール・ナイロンなどの常圧可染素材

※ポリエステル100%は、染まりません。

そめかえ前(京黒染)
そめかえ後(京黒染)

そめかえ@墨染

墨染とは、

京都では、太古から日本画家などが修行する土地でもありました。

そんな中、着物のカチン(黒い輪郭)に使われていたのが奈良の墨であります。

その奈良の墨を使って、お洋服を墨色に染め替えます。

墨染の詳細は、墨染のページを御覧ください。(新しいウィンドウでページが開きます。)

対応可能素材

綿・ウール・ナイロンなどの常圧可染素材

墨色が上がり色になりますので、元の色が白やベージュなどの淡白な色に限ります。

※ポリエステル100%は、染まりません。

そめかえ前(墨染)
そめかえ後(墨染)

そめかえ@印度藍染

印度藍染とは、

印度藍は、古くから、藍染に使われていた天然の染料です。

その印度藍を使って、お洋服を藍色に染め替えます。

印度藍染の詳細は、印度藍染のページを御覧ください。(新しいウィンドウでページが開きます。)

対応可能素材

綿・ウール・ナイロンなどの常圧可染素材

藍色が上から乗る色になりますので、元の色が濃い色の場合、黒藍っぽい仕上がりになります。

※ポリエステル100%は、染まりません。

そめかえ前(印度藍染)
そめかえ後(印度藍染)

そめかえで、大切なこと

そめかえの際、可能な限り色ムラなく染めるように努めますが、色ムラが起こる可能性もあります。これは、ご着用を繰り返すうちに何らかの薬剤や汚れが付着し、染色前にはわからなかった箇所にムラやシミのようなものが現れ、そこが色ムラとして残る場合があるからです。事前に予測は出来ません。
染め直しの染料や多少の濃度については、ご希望を承りますが、色味に関しては、すべてお任せいただくようお願いします。